涙の働き

■涙は大切な角膜を乾燥から守っている

ドライカットオアシス潤いカバー

目は、まぶたと涙によって守られています。 まぶたを開閉する『まばたき』は、涙の分泌を促す刺激となって涙を出させたり、目の表面に涙を均一に分布させたりする働きを担っています。
涙は三つの層からできています。 外側から順に、薄いあぶらの層(油層)、多くの成分を含んだ水の層(涙液層)、粘着質のムチン層です。
油層はマイボーム線から分泌されており、涙の蒸発を防いだり、涙がこぼれ落ちるのを防ぐという役割を持っています。

ドライカットオアシス潤いカバー

【涙の働き】
①目の表面を滑らかにして、視力を安定させている。
②目の表面の乾燥を防いでいる。
③目の栄養を補給する。
④細菌やウィルスなどを殺菌する作用がある。
⑤塵埃など、アレルギー物質の洗浄をする。

健康な人の角膜は、均一に涙の膜に覆われていますが、ドライアイの患者さんの角膜は、ドライスポットという涙層が薄くなった部分ができてしまっています。
そのドライスポットのために、角膜を外部から十分に保護できなくなり、角膜にキズがつきやすくなのです。

お客様専用ダイヤル